メンズ脱毛をはじめとするムダ毛処理について考えてみました。

メンズ脱毛は最強の自分磨き!

豆知識

男性の自分磨きでコスパ最強は髭脱毛だった説!

自分磨きと言うと、どの様な事を思い浮かべるでしょうか?

多くの方が外見を磨くとか、読書や自己啓発セミナーに行って内面を磨くなどを考えたはずです。

私も数多くの自己啓発セミナーや読書をしてきましたが、最強の自分磨きは「脱毛」だという事に気が付きました。

因みに、脱毛といえば全身脱毛などがありますが、ヒゲ脱毛が最強だという事にたどり着いたわけです。

尚、この記事は髭を伸ばしても似合わないとか、髭を伸ばす予定がない人向けに書かれています。

役者などの方が髭脱毛を行ってしまうと、仕事の幅が減ってしまう事も考えられます。

そのため、既に髭が似合っていたり何らかの理由で、髭を伸ばさなければいけない人は読む必要がありません。

ただし、青髭が気になっているとか、「もっと外見をよくしたい」「イケメンになりたい」「女の子にモテたい」「仕事で認められたい」と考えている人には役立つ事でしょう。

他にも、自分磨きをしたいけど、何をすればいいのか分からない・・・という方も読む価値があります。

 

よく言われている自分磨きが効果が低い理由

世間一般でよく言われている自分磨きが効果が低い理由を解説します。

尚、自分磨きと言えば、内面を鍛えると外面を磨くに別れるかと思います。

内面の自分磨きはコスパが最悪

自分磨きにおいて、内面を磨く事が大事だという人がいます。

「動じない心を作る」とか「集中力を磨く」、「情熱をもって仕事に取り組めるようにする」などの内面的な要素を磨こうとする人は多いです。

しかし、実際問題において、内面を磨くというのは、非常にコスパが悪いと言えます。

なぜなら、内面はそう簡単に鍛えられるものではないからです。

高額な自己啓発セミナーに行けば講師の情熱的な話術により気分が高揚するかも知れません。

セミナーなどの気分の高揚は、瞬間的なもので終わってしまう事が大半です。

さらに、人の心に関しては解明されていない部分も多く扱いが難しい部分でもあります。

世の中には、有名人の30万もする様な高額なセミナーに行ってしまう人もいるわけですが、自分の中では、それだけの金があるならクリニックに行ってヒゲ脱毛を完了させた方がよっぽど、自分磨きになるでしょう。

特に現在、仕事も上手く行っていない、女性にもモテない、彼女を作った事がない様な人が自己啓発セミナーに行っても無意味だと言えます。

悪くいえば講師にお金を取られるだけです。

因みに、セミナーにおいて講師の喋りが上手ければ内容が「プラス思考が大事」という、ありきたりな事でも満足してしまうので注意が必要です。

 

外面を磨くのはコスパがよい

先ほど内面を磨くのはコスパが悪いと解説しました。それに対して、外面を磨くと言うのは、非常にコスパがよいです。

結論を言えば外面を磨くのに「コスパ最強は脱毛」という結論にも至っています。

ところで、メラビアンの法則をご存じでしょうか?

メラビアンの法則は有名な心理学であり、人は見た目から来る情報(55%)、耳から来る情報(38%)、話の内容(7%)に左右される事になっています。

つまり、人間は見た目で55%を決められてしまい、声などの良さで38%が決まり、会話の内容がたったの7%だという事です。

人間は会話の内容よりも見た目と喋りの上手さで93%が決まってしまう事になります。

自己啓発セミナーの講師などは、当たり前の事を言っていても見た目と喋りの上手さがあれば、聞いた人は満足してしまう事になります。

さらに、会社などの面接であっても美男美女の方が有利であり、イケメンとブサイクでは生涯年収で5000万の差が付くとも言われています。

恋愛であれば尚更、外見が整っていた方が有利なのは言うまでもないでしょう。

外見で興味を持たれなければ内面を見て貰えないというのが、恋愛では多いです。

そらを考慮すると、自分磨きでコスパ最強は外見を整える事になります。

 

自分磨きで脱毛が最強だと思った理由

自分磨きにおいて脱毛が最強だという結論に至った理由を解説します。

外見磨きで注意するべき所

自分磨きというと服装と髪形を考えるかも知れません。

男性の中では、男の外見は服装と髪形で決まると言っている人もいる位です。

しかし、今の時代であれば服装と髪形だけでは、不十分だと言えます。

特に40代のおじさんが外見を磨くとなると、老化もあり服装と髪形だけではイケてる感じにはなりにくいです。

それを考えると美肌作りが必須となります。

お洒落な服装をしているのに、どこか浮いている感じになってしまうのは、外見と肌がマッチしていない事が多いです。

美肌を作るとなると男性であれば「化粧水」と考えるかも知れません。

しかし、価格が安い化粧水であれば、肌がカピカピになったりして逆効果です。

他にも、ダイエットをして魅力的な人になろうと考える人もいるでしょう。

ダイエットは、走ったり筋トレしたり本人の努力がかなり必要と言えます。

それに対して脱毛であれば、クリニックに支払うお金は必要ですが、本人の努力は不要です。

人間は相手の顔を最も重視するのが普通と言えます。

体がある程度、太っていても顔に脂肪がなくイケメンであれば、女性に喜ばれたりします。

 

脱毛がコスパ最強の理由

脱毛がコスパ最強の理由ですが、努力が要らない事でしょう。

さらに、仕事や恋愛において最も重要なパーツとされている顔が、カッコよくなります。

青髭がバリバリある人が、青髭が無くなっただけでも、かなり美肌に見えるわけです。

化粧水や美容クリームが使ったら無くなってしまうのに対して、ヒゲ脱毛であれば、やればやるほど髭が薄くなり美肌となります。

目に見えて分かるほどです。

さらに、ヒゲ脱毛を行う事で見た目年齢が5歳ほど若返る事も少なくはありません。

それらを考えると、コスパ最強はヒゲ脱毛という事になりました。

髭剃りにカミソリや除毛クリームを使っている人もいるかも知れません。

しかし、カミソリや除毛クリームを使うと肌にダメージを受けます。除毛クリームのチオグリコール酸カルシウムの成分で炎症を起こしたり、カミソリで肌が削れて埋没毛になる事も少なくはないでしょう。

電気シェーバーであれば比較的、肌には優しいと言えます。

しかし、ちゃんとした剃れる電子シェーバーを買うと、7、8万する事も多々あります。

さらに、シェーバーの網の部分が壊れたり、刃がダメになると交換しなければいけません。

シェーバーの網であっても1万ほどする事もあり、コスパは悪いです。

それに対して、ヒゲ脱毛であれば髭が薄くなるためシェーバーが段々と必要なくなっていきます。

シェーバーが壊れて買い替えたりする事も考えると、ヒゲ脱毛はかなりコスパがよいと言えるでしょう。

ヒゲ脱毛を始めれば、今使っている電気シェーバーを最後にする事も可能です。

 

自分磨きのまとめ

自分磨きについてまとめてみました。

内面を磨くのはコスパが最悪

外見を磨いた方がコスパがよい

脱毛が最もコスパがよい外見磨き

今回の記事で勘違いされると、困るので付け加えておきます。

自分磨きというのは、生涯において続けるものだと考えています。

ヒゲ脱毛はコスパが最強ではありますが、ヒゲ脱毛だけをしておけば、全てがOKというわけではありません。

美肌になるには、効果がある美肌商品を使わなくてはいけませんし、毎日のメンテナンスも必要です。

さらに、太っていれば自分磨きだけではなく、健康の為にも痩せるべきだと言えます。

最も自分磨きで効率がよいのが脱毛というだけであり、ヒゲ脱毛さえ行えば完了というわけではありません。

さらに、イケてる外見が整えば、内面を磨く事も大事になってくるでしょう。

現在、自分磨きをしたいけど、何をすればいいのか分からない!という人は脱毛をお勧めします。

他にも、恋愛活動をしているけど、上手く行っていない人にもお勧めです。

女性は化粧をしたりして肌に気を遣っています。

その分だけ、男性の肌にも敏感に見ているという事を察知するべきでしょう。

 

-豆知識

Copyright© メンズ脱毛は最強の自分磨き! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.